planeta ORGANICA

Online Shop

Process

人に心地よく、地球にやさしいものづくりをしています

無農薬コットン

コットンは田植えと同じ、雨期の始まり6~7月にかけて種蒔きをし、12~1月に綿花を収穫します。穫された綿花は、糸紡ぎの村へ運び、湿気がなくなるまで2~3日程天日に干し、種と綿に分別します。分別には,綿花に割れた種が残らない様に、手動の種取機を使用します。

綿花の2/3はコットンの種で、翌年の種蒔きのために保存します。

綿のゴミを落とし、均一に空気を含ませる為に綿打ちをします。綿打ちは、弓矢と籠を使用して手作業でやっていましたが、現在は人件費がかかりすぎるので機械を使用する場合もあります。綿打ちした綿を棒状にし、その綿棒から、伝統的な糸紡ぎ機を使用して、手で糸を紡ぎ糸が出来上がります。

草木染め

染料の原材料は現地で採れる草木を使用します。染めたい色により「冷水染め」、「温水染め」を使い分け、かせになった糸や布を草木で染め上げていきます。

主に木の幹を使用した染料の場合は、煮だして染める「温水染め」にします。材料となる植物の色素が一番多い時期を見計らって採取し、色がよく出る様に細かく刻み、石灰と一緒に1晩付け置きをして植物を煮出す方法が一般的です。

煮出した染料を濾し、温かい染液に糸を入れ、均一に染まる様に糸を動かしながら染めていきます。染め上げたい色により灰媒染、鉄媒染、泥媒染等を行って、染料を定着させていきます。

染め上がった糸を日陰干しにして更に色の定着をします。

藍染め

藍の葉から色素を取り、発酵させた「すくも」は藍釜と呼ばれる専用の瓶で発酵させ、毎日かき混ぜて空気と栄養を与えることによって染色が可能な状態になります。

手間と愛情を注いだ藍は、鮮やかなブルーと黄色い色をしていて藍独特の香りがします。

染めた直後は緑とも藍色とも言いがいたい不思議な色ですが、空気に触れることによって藍色に変わり、色が定着します。藍染めは、藍に浸す回数に比例して濃くなります。

釜の状態や、天候によっても色の染まり具合が違います。planeta ORGANICAの藍染めは、パウダー藍や色を安定させる為に化学薬品を使用したりせず、村人が育てた藍の植物を「すくも」にして、それを染料としています。

黒檀染め

黒檀の実を1年間水に浸け、発酵させたものを使用します。発酵した実をつぶし、染めと天日干しの回数を重ねるごとに、グレーから、茶色、黒色へと変化していきます。

布を織る

織り上がりの柄や長さを考え、縦糸を準備します。

縦糸は1m幅の織り機で約1,720本、2.4m幅の織り機で約4,000本の糸が必要です。2本から12本までの縦糸配置で、無数の柄を織ることが可能ですが、この配置によって出来上がりの布の柄がほぼ決定するのでとても重要な作業と言えます。

planeta ORGANICAのタオル等は、4本の縦糸配置を行っています。織り機で布を織るまでに、縦糸形成や緯糸の準備、それぞれ全て手作業で行ない、時間と技術を要する作業なのです。

手織りの布は、機械織りの約10分の1の速度でゆっくりと丁寧に織られています。