planeta ORGANICA

Online Shop

People

タイ・チェンマイ − 育て、紡ぎ、染め、織る人々

育て、紡ぐ人々

コットンの栽培。昔の生活が根付く大自然に暮らす農村地域で暮らす人々。「手紡ぎコットンの糸を作る事」「伝統文化を残す大切さ」「自然の大切さ」を未来の子供たちにも伝えたい。

布の素材を育て、草木で染め、布を織る人々

染料の原材料は現地で採れる草木。織りをしている村では、日の出前に起きて、火をおこし染料を煮出し糸染めをし糸を空気に触れる事により色を定着させ、乾燥させます。

タイの農村で、人々の暮らしの中に生き続けてきた手仕事。

私が学んだ村のおばあちゃん達は、娘の嫁入り道具の一つとして、農業の合間に心を込めて布を織る事が習慣だったという。

無農薬で育てられた綿花を手で紡ぎ、機に掛けて布を織る。

気の遠くなる様な作業の積み重ねで生まれた自然の布は、ふんわりあたたかな空気をまとい、身体をやさしく包み込んでくれます。

工業製品とは違う贅沢な触りここちを感じて頂ければ幸いです。

Miyuki Shimada

planeta ORGANICA代表

嶋田 美由紀

Miyuki Shimada

[Profile]
1974
熊本に生まれる。
1994
武蔵野美術大学空間演出デザイン入学。
1996
新潟越後鵜沢のスキー、スノーボードレンタルショップバードランドにペイントをする。
1998
武蔵野美術大学空間演出デザイン科卒業。
1998
ニューエージトレーディング(ヘンプ製品専門ショップ/レストラン/卸業)に入社。
1998
ニューエージトレーディングのショップリニューアルを手がける。
1998〜
2000
ニューエージトレーディングのレストランリニューアルを手がける。
2000
アクセサリーショップ(カサ・デ・プラタ)のニリューアルを手がける。
2001
チェンマイに移住。自然素材を使って、寝具、ランプシェード、インテリア小物を作り始める。
年間20カ所での日本全国で展示販売会を行なう。(2001〜2003年)
2003
タイ・東北部(イサーン地方)で織りを学ぶ。
2004
プラネッタ・オーガニカを通して、農村地域の女性との活動を通じ、システムづくりクオリティー向上を独自で生み出す。チェンマイ大学”Fai Gan mai”、Royal Project、SME(Society of Manufacturing engineers)、タイシリキット王妃の支援財団バーンサイ美術・工芸訓練センターのプロジェクトで、製品のクオリティー向上の指導と製品化に携わる。
2011
バンコクスクンビット店を開業。
2012
4年間、タイロイヤルプロジェクトでヘンププロジェクトの製品開発に携わる。

サンデールーム - 群馬県 前橋市

星野 充子